病院の廊下とスキャニング

注目を集めている記事

神経の病気

聴診器

背骨の中にある脊柱管には神経が複雑に絡み合い、背骨の一部が変形することで神経を圧迫させます。腰部脊柱管狭窄症は、この圧迫が歩行困難や排尿障害といった症状として表れます。

更に詳細へ

検査で早期発見

今注目されている、最先端のNK細胞療法の全てを紹介します。誰もが実感した、高いがん治療効果を自分の体でも実感できますよ。

脊柱管狭窄症の治療方法が気になる方はこちらのサイトに様々な情報が載っているので是非チェックしてみてください。

脊柱管狭窄症の診断。

脊柱管狭窄症の診断は病歴や症状を整形外科の専門の先生に診てもらう事になります。主な症状としては腰痛や下肢痛などがあげられます、他にはしびれなどが起こる場合もあります。ただ閉塞性の動脈硬化などの方は似たような症状が出ます、ですので必ず脊柱管狭窄症というのではなく、血管の病気で動脈硬化によって足へ行く血管が詰まってくると同じような症状が出ます。 脊柱管狭窄症を診断するのには専門の医師による画像検査として、レントゲンやMRIなどが有効になってきます。MRIを撮りますとレントゲンではわからない神経が写ります、ですから脊柱管狭窄症の診断にはMRIは欠かせないものになっています。患者さんによってはペースメーカーなどが入っていてMRIの検査を受けられない人もいます。

検査が受けにくい方の為に

脊柱管狭窄症でMRIの検査が出来ない方は、脊髄造影といって腰に注射をして、そして造影剤を流してレントゲンやCTを撮る検査もあります。これは手術をする際には必須になります。MRIよりも脊髄造影のほうが神経の圧迫の程度が正確にわかる事があります、それを見ながら手術をするのが一般的な治療方法になります。 脊柱管狭窄症の治療としては、2つに分かれます、一つは保存的療法で2つ目は手術療法という事になります。保存的療法というのは手術をしないで薬を飲んだりして治して行く事になります、薬や注射では神経の圧迫は取る事が残念ながら出来ません。しかし痛みや痺れを緩和する事は可能になります、一般的に薬でいいますと内服薬では消炎鎮痛剤があります、それから神経の周りは非常に血流が豊富で、そこが圧迫されると血流に障害が起きます、そうするとその血流の障害がしびれや痛みの原因である事がわかってきています、なので血流を良くするような薬を飲むとしびれや傷みも改善される事になります。

話題の記事

治療における変化

医師と話す老人

頸部脊柱管狭窄症というトラブルに見舞われた時には、適切な治療によって改善することができます。肩や首が異様に凝るなどの問題を実感してきたなら、検査を受けると同時に費用や治療方法にも目を向けたいところです。

更に詳細へ

ピックアップ記事

症状を改善する

スキャンを受ける人

脊柱管狭窄症になると、肩こりがひどくなり、進行すると指先に痺れが走るなどの症状が表れます。放置いていると症状がどんどん悪くなるので、改善方法を知り実践していきましょう。

更に詳細へ