治療における変化

【頸部脊柱管狭窄症】治療の金額の傾向

医師と話す老人

「頸部脊柱管狭窄症(けいぶせきちゅうかんきょうさくしょう)」の症状は、肩・首周りの筋肉の極度のコリや、緊張などがあります。頸部脊柱管狭窄症のその他の症状として、指先のしびれや上腕の外側から肘迄の範囲の、しびれや痛み等の症状があります。脳神経外科あるいは整形外科において、治療が行われます。 頸部脊柱管狭窄症が初期症状か重症化によって、手術費用は異なりますが、平均して約25万〜60万が手術費用の相場となっています。頸部脊柱管狭窄症の手術後は、医師の指導のもと経過観察を要しますので、入院が必要です。ご自分でできる対策として、日常生活では、痛みのある部分を「温める」事で、しびれや痛みを緩和する事が可能です。

頸部脊柱管狭窄症の治療方法の変化

頸部脊柱管狭窄症は、首の骨にある脊柱管という神経の通り道が何らかの原因によって狭くなってしまい、様々な症状が現れる病気です。 頸部脊柱管狭窄症の症状としては、軽症の場合、肩が凝ったり首が張ったり手が痺れるといった、ちょっとした疲れなどの時に現れる症状とよく似ていることもあります。その為、頸部脊柱管狭窄症と気付かない人も多くいるのです。 頸部脊柱管狭窄症の治療としては、以前は手術療法といってオペをして脊柱管の空洞を広げたり、骨の突起(骨棘)を取り除いたりとする方法が多くとられていました。しかし、手術をしても手の痺れや首、肩の違和感が取れないことも多く、現在では重症の場合を除いてほとんどが手術をしないでの治療が行われています。