症状を改善する

頸部脊柱管狭窄症の痛みから少しでも解放されるには

スキャンを受ける人

頸部脊柱管狭窄症は、首の骨にかけての脊柱管が狭くなる状態で、病状が慢性化しやすいという点が厄介だとされています。 急に病状が悪化するということがないために、疲れがたまっているからなどとの自己判断をする人も多く、病気の存在に気づきにくい原因となっています。 頸部脊柱管狭窄症の主な症状として、肩や首周りの筋肉が極度にこったり、腕や指先にまでしびれや痛みが走るということが挙げられます。重度の場合には、握力の低下が起こったり手指の動きが不自由になることもあるので注意が必要です。 頸部脊柱管狭窄症の治療法としては、手術が一番の解決法だとされています。 しかし、東洋医学によると血流をよくするだけで、頸部脊柱管狭窄症も驚くほど楽になると言われているようです。 血流を良くするためには体を温めることが最善だとされています。

血行促進で改善!頸部脊柱管狭窄症

頸部脊柱管狭窄症とは、背骨の椎骨という場所にある脊柱管と呼ばれるものの中が狭くなり、神経が圧迫されて痛みやしびれ、こわばりといった症状が現れる状態が、首の骨に起こったものをいいます。頸部脊柱管狭窄症は特に高齢の方がなりやすいとされています。 頸部脊柱管狭窄症の治療方法は、保存療法を行っていきます。頚椎に負担がかからないように装置を装着したり、温熱療法や牽引療法といった理学療法を行うことが有効だとされています。血流を改善させることで筋肉をほぐし、痛みやしびれを軽減させることができるためです。 頸部脊柱管狭窄症は、首に負担をかけ続けるとリスクが高まるため、生活習慣を改善させることも重要です。首の状態を回復できるよう、ストレッチなどでしっかりと血行を促進していくと良いでしょう。