神経の病気

歩行困難と排尿障害が起こります

聴診器

腰部脊柱管狭窄症は高齢者や長時間運転をしたり、重労働をしている人に多い病気です。普段は異常がないのに歩き出すと足がしびれてきたり、階段の上り下りの際に足が上がらなくなることがあります。また、歩く際に上手に足が動かずにスリッパがすぐ脱げてしまう特徴があります。腰部脊柱管狭窄症は主に腰痛と共に下肢のしびれ、排尿障害を引き起こします。背骨には管状の空間がある椎骨が重なって構築されています。椎骨は椎体と椎弓で出来ていて、椎骨の空間の中に脊柱管があります。脊柱管の中には神経が張り巡り、枝分かれして各器官へ繋がっています。腰部脊柱管狭窄症は椎体や椎弓の変形がきっかけで起こります。変形することによって脊柱管の内部が隆起し、神経血管を圧迫させることによりこれらの症状を引き起こします。

前かがみになると痛みが和らぎます

神経の圧迫を回避するために前かがみにしゃがむと痛みが和らぐことがあります。腰部脊柱管狭窄症を発症すると、歩き始めの痛みを和らげるため歩いては休みの繰り返しになります。腰の痛みのぶり返しが続いたり、夜間何度もトイレに行きたくなるようならば一度整形外科を受診しましょう。CTやMRIによる画像検査では椎骨に変形がないか、神経の圧迫がないかを確認します。症状が軽い場合には薬物療法と理学療法から始めていきます。痛み止めや神経障害を緩和させる薬を服用すると共に牽引や血液の循環を良くするために超音波療法やマッサージを行います。症状が重度の場合には神経を圧迫している椎弓を取り除く手術を行います。比較的年齢の若い患者には手術後の神経の動きが回復しやすく、高齢になるにつれて回復力が低下していくので、医師と相談の上治療法を選択していきましょう。